×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

無料オンラインゲーム  競馬予想 無料  FX 初心者  ウォーターサーバー 水 宅配  クレジットカードランキング  インターネットキャッシング  出会い系サイト 無料  レンタルサーバー 比較  ガソリンカード  結婚相談所  ネット副業  オンラインカジノ  ダイエット  美容整形 口コミ  懸賞  英語教材 ランキング 

カードローンのはじまり

カードローンを知らない人はいないと思いますが、内容を確認する上でも、カードローンについての話をしてみようと思います。カードローンというと、まず頭に浮かぶのが、それぞれの社名フレーズが出てくるCM。美しい受付嬢が、明るく朗らかに画面でご挨拶というのもあれば、マスコットやワンちゃんまで登場しました。カードローンのCMには、どこか印象深いものが多いように思うのは、私だけではないでしょう。

カードローンが出来るずっと前、1900年前後。その頃の日本では、カードローンとは言わず「月賦」という言葉で呼ばれていました。呉服屋、または、ミシンの会社が分割払いを始めた第1号と言われています。マシーンをミシンと聞き違えた名前に異議を申し立てる人もないような時のことですから、ミシンは最高級品の道具だったのでしょう。高価なものを購入する際に、カードローンの元祖である月賦払いは始まったと言われています。

カードローンがない時代の月賦方式の記録をもうひとつ。明治時代の末期に伊予の商人によって、カードローンの元祖である月賦払いが始まっていたという説もあります。高額な漆器を売るには、この分割払いの方法が適していたようです。記録によると、商品前納、各月集金、頭金が一割、十八ヶ月分割の信用取引とあります。身元調査の会社もない時代、地縁・血縁関係に結ばれた知り合い同士での取引が大部分であったと書かれています。

カードローンの元祖である月賦という言葉を私が初めて耳にしたのは、小学生の時。お決まりのようですが、口からでるゲップかと思ったことを覚えています。お下劣で申し訳ないですが、土曜の夜8時に始まるテレビ番組を1週間のお楽しみにしていた子どもの発想と思っていただきたい。

カードローンがなかった時代の事を、そんな子どもに話してくれたのは、私の祖母でした。祖母は、国鉄で働く祖父と共に、6人の子ども達を育て上げる為に、着物の仕立ての仕事をし、仕事の賃金を生活費の足しにしていたそうです。しかし、それでも、生活は困窮していたのでしょう。そこで登場するのが、現在ならカードローンと言われた存在でもある月賦です。返済を分割し、毎月々に借りたお金を返済していく。当事の祖母は何を購入していたのだろうかと、ふと頭をよぎります。

カードローンと日本経済

カードローンが登場するまでの業界の歴史を、日本経済の動向と共に見てみましょう。第二次世界大戦後の日本において、好景気時代と不況時代とが、あざなえる縄のごとく交互にやって来ました。そんな時代を背景に、カードローンが登場するまでの金融業界の沿革をまとめてみました。好景気の時代に盛り上がる消費の拡大と業界の活性化。これらの間には、切り離せない相互作用が見えてきました。

カードローンの業界の歴史。戦後のインフレ期、復興期を乗り越えた1950年代。朝鮮特需の復興期に、日本における本格的なカードローンの歴史は始まった。カードローンの元祖と言われるデパートや信販会社が設立された事で、信販制度の幕は開いたのである。

カードローンの業界の歴史。高度成長期に入り、信販会社やその他の関係機関は増え続ける。1960年になると、ついに、カードローンの前身であるクレジットカードが登場し、割賦販売法は成立される。国民総生産つまりGNPが12.2%の最高潮の伸びを見せた頃である。三種の神器と言われた電化製品(冷蔵庫・白黒テレビ・洗濯機)は、新しい生活の象徴として購買欲を刺激した。そうして、サラリーマン向けの融資は始まる。第二次高度成長期に入ると、国際カードの時代が始まる。戦後最大の好景気と言われた「いざなぎ景気」を背景に、GNPは世界第二位まで上り詰め、日本の消費は拡大してゆく。

カードローンの業界の歴史。1970年代、安定成長期に入ると、本格的なクレジットカードの普及が始まる。1980年代には、カードローンの前身であるクレジットカードをめぐる諸問題の浮上に対し、国は貸金業規制法の施行、出資法上限金利段階的引き下げを行う。

カードローンの業界の歴史。1990年代に入り、バブルが崩壊すると共に、無人契約機・無人店舗が出現する。電子商取引も始まり、本格的なカードローンの時代がやってくる。その後、2000年を迎え、国内外の銀行系・消費者金融系・信販会社系企業の合併や吸収が次々と行われるようになり、カードローンも様々な広がりを見せ始める。2006年の現在、戦後最大の「いざなぎ景気」以来の好景気に入っている日本において、カードローンの存在が、消費の拡大の一つになっている。カードローンも経済の活性化に大いに貢献していることは言うまでもないようです。

カードローンの種類

カードローンとは、「決められた利用限度額の範疇ならば、借り入れや返済が好きなときに好きなだけ出来る」ものです。コンビニエンスストアーやスーパーマーケット、公共施設に設置されたATMで取引ができます。カードローンの名前の由縁は、銀行口座から預金を引き出す時と同じように、カード1枚でお金の出し入れが出来ることからきているのです。

カードローンは、経営母体の違いによっていくつかの種類に分けられています。大分類では、銀行系、信販系、消費者金融系と分けられ、さらには、同じ系列の中では、企業毎に、お金の借り入れに伴う金利や審査の基準が違ってきます。それらの違いを確認し、カードローンの使用目的や利用日程を考えた上での返済計画は、忘れずに行うことをおすすめします。

カードローンの種類。まず初めに、銀行系のカードローンについて説明をしましょう。このカードローンの特徴は、金利の低さにあります。借りたお金にかかる金利の違いで返済金額が違ってくるのですから、金利は低いに限ります。しかし、信用が第一のこの世界。銀行系のカードローンは、審査に要する時間を多く必要とし、審査基準も他の系列に比べ、厳しいといわれています。それゆえ、日程の考慮、準備できる書類の種類の確認など、余裕のある借り入れの計画を立てることが必要となります。

カードローンの種類。次は、信販系のカードローンについて。このカードローンの特徴は、カードでお買い物が出来るクレジット機能がついているところにあります。このカードを使って買い物をすることで、各種店舗のポイントの付加、商品の割引等の特典がついています。審査の基準は銀行系のカードローンに比べ、比較的通りやすいのですが、金利は高くなります。

カードローンの種類。最後は、消費者金融系のカードローンについてです。このカードローンの特徴は、なんと言っても審査が早い事にあります。お金の借り入れを申し込んだその日のうち、または、数日で借り入れを行うことができてしまいます。審査の基準は易しく、必要書類も多くを必要とはしないようです。比較的簡単に借り入れができる仕組みになっています。しかし、それゆえ、金利の設定が他のカードローンに比べて高いことに注意が必要です。

カードローンを賢く使う

カードローンを賢く使うことで、発展的な未来をつかもう!というポジティブな考え方もできます。カードローンでお金を賢く借りて、上手に返済する方法を知っていれば、人生をより楽しむことができるというのです。確かに、そのとおりなのではないでしょうか。計画をもってお金を使えば、有意義な生活が送れるでしょう。特にカードローンは、日常の「いざ」というときのために便利なものですから、うまく使いこなせば、生活に潤いが出てくるはずです。

カードローンを利用することはリスクを負うことと考えがちです。しかし、貸し借りの仕組みを理解し、契約内容の比較検討をすることで、大きなリスクの回避ができるばかりではなく、カードローンを利用することで人生の勝ち組になれるのです。カードローンの種類が増えるたびに、金利などサービス内容は違ってきます。借り替えで、得をすることだってありえるのです。

カードローンをどんどん使いましょうというお話をしているわけではありません。あくまでも、返済可能な範囲で借りることが条件です。そして、上手に返すからこそ付加価値がついてくるのです。カードローンの種類でお話しした信販会社系のカードローンのカードには、様々な特典がついていたことを覚えていますね。特典にはポイントをためての商品交換、キャッシュバックや割引などがあります。これらの上手な利用術を身に着けましょう。

カードローンのカードを所持する目的も、時代によって変化しているようです。以前は、「カードローンのカードを持っているだけでステイタスを感じるから」「カードローンのカードを海外旅行で使えるから」と実生活の枠外での使用目的が圧倒的だったのに対して、現在は「ポイントやマイレージを貯めて使いたいから」と生活に即した考え方が圧倒的に多いようです。

カードローンを賢く使い、収支のバランスを整えることでリスクの回避につながる可能性もあると考えます。ダイレクトメールやカードローン会社のHPを開いてみてください。そこには、あなたが得する情報が満載されているはずです。ポイントキャンペーンに金利優遇期間、リボ払い無金利月間など、賢者への道しるべが、きっとあるはず。目を凝らしてよく見てみましょう。

カードローンのカードの秘密

カードローンを利用する時に、何気なく使っているプラスチックカード。このカードは、いつ頃から使われるようになったのでしょうか。それは、1950年頃に月賦払いに使われていたクーポンが原案といわれています。現在使われているプラスチックカードになったのは、1960年に入ってからのことです。最初にプラスチックカードを発行したのは、百貨店。その6年後には、信販会社から発行されます。このカードが、現在のカードローンのカードの原形になっています。

カードローンに使われるカード、よく考えると不思議ですよね。こんなに小さくて薄いカードの中には、目では確認できない、たくさんの情報が入っているのですから。カードローンに使われるカードの多くは磁気カードと呼ばれる種類に分類されます。この磁気カードについている、磁気ストライプに情報が蓄えられています。そこに目を付けたのが、スキミング犯罪という盗みです。この犯罪の増加により、次なるカード(ICカード)の普及が始まりました。

カードローンのカード、または、その他のカードから、スキミング被害にあった多くの人は、暗証番号を生年月日にしているそうです。ですから、現在、生年月日を暗証番号に登録している人は、変更することをおすすめします。カードローンに使われるカードの暗証番号ですが、覚えやすくて忘れないオリジナルな番号を見つけなくてはなりません。例えば、あなたの好きな人の身長、お子さんの出生体重、大学受験番号、両眼の視力というのはどうでしょうか!考え始めると結構楽しい作業になりますよ。

カードローンのカード。信販会社の発行から遅れること20年。1983年になり、地銀から最初のカードが発行されました。しかし、このカードには、現在のような、カードローンの機能はまだありません。銀行が総合割賦の解禁を受けた2001年に、ようやくカードローンの機能が付いたカードの発行となります。

カードローンのカード以外にも、カードの進化は続きます。1998年に電子マネーの運用実験が行われてから5年後の2003年には、クレジット機能と電子マネーが一体化したカードが発行されます。同じ年に携帯電話の赤外線通信機能によるクレジットの決済が始まりました。未来のカードローンのカードは、どのような形に進化するのでしょうか。非接触型カード、携帯電話機能カード等など、夢は広がります。

カードローンと人の心

カードローンを使う上で、陥りがちな問題についてお話しましょう。基本的に「借りたものは返す」ことを、子どもの頃に教えられましたよね。本当に大事なことです。ですから、「収入と支出のバランスを考えて!」とCMで訴えかけているように、あなたの返済計画を持ってください。「次の給料日には返済できる金額にする」「借り入れは、必要最小限の金額にする」等、返す計画です。

カードローンの借り入れ限度額は、あなたの銀行預金の残高ではありません。当たり前のことを言うようですが、このような感覚を持ってしまう人がいるのです。ATMを使うことで、誰とも顔を合わさずに、カードローンを引き出せる手軽さは便利です。しかし、カードローンを借りているという認識が薄れてしまいがちなのも事実です。お金を借りているという意識は持つようにしましょう。

カードローンの利息の計算。問題を抱える多くの人は、この利息のことを考えずにカードローンの借り入れを行うと言われています。利息なしでお金を貸してくれるところなど、「ない!」と考えておくことほうがいいでしょう。レンタル店で物を借りたとき、必ず料金を支払い、借りた商品は返却しますよね。その考え方とカードローンの利用の仕方は同じと心得てください。ですから、利息の存在が、大事になってくるのです。

カードローンの返済額の内容を確認したことはありますか?よく見てみると、「元本(借り入れた金額の残高)+利息=支払い金額」となっているはずです。ここからがポイントです。毎月の利息の金額を上回る額を返済していますか?なぜなら、元本を減らさなければ、いつまで払い続けても返済は終了しないからです。カードローンで借り入れた元本を少しでも多く返済することで、無駄な利息を払う必要がなくなります。毎月の支払い金額が少ないから楽などと言っていると、後に問題が浮上する事もあるので注意しましょう。カードローンの毎月の返済額を見直す勇気も必要です。

カードローンでの借り入れを秘密にしないことも大切です。返済問題が深刻化し、正確な状況判断が必要な事態が発生する事も考えられます。そんな時、誰にも言わずに、自分ひとりでの判断が、より深刻な問題に発展する事もあります。家族での話し合い、みんなで協力し合うことは、危険への回避につながります。ですから、カードローンの使い方を誤解し、解決できない問題が発生した時、周りの人や専門家に相談することを恐れないでください。きっと、解決の糸口が見つかるはずです。